看板と爬虫類Teeと音楽や時間と・・・・。

Apr/2020 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
看板考・・・・02
最近の看板には写真が使われているものが多いです。
カッティングシートからインクジェットプリント式に流れは変わってきていますので
多彩な表現が可能になってきました。

もしこのブログを見ているあなたが、
写真を使用した看板を作ろうと思った時に参考になれば・・・
と言うことで、写真使用時のヒントを。

まず、実際製作するの看板のサイズにご注意下さい。
看板はどちらかというと大きい方の製品なので、
使う写真素材もなるべく大きいものを使いたいですね。

デジカメの設定項目の中に「サイズ」を決める設定があります。
見てみると640X480とか1600X1200とか最近は3〜400オーバーの数値もありますね。
この数字は撮った写真の画素数の数字です。
ここの数字がポイント
デジカメで撮った写真を家でA4サイズにプリントしてみると

「なんか荒いなぁ・・・・」と思ったことがありませんか?

これは小さいサイズで撮った写真がA4サイズの拡大に耐えられていないのです。
パソコンの画面上は綺麗に見えるとこが落とし穴で、
デジタル画像は拡大していくとブロックノイズが目立ってくるのです。
小さいサイズだと尚更目立ってしまうのです。

これは個人的な意見ですが、
看板材料として640X480サイズでは、
実寸40~50cm位までがありかな?(ノイズは出ます)と思います。
看板は間近で見るよりは遠目で見ることが多いのでなんとかいけるかな・・・と^^;

ただ、食品など美味しそうに見せたいものにはオススメできません。
自然風景や動物などには使えると思います。

僕の場合もデジカメで撮る場合は、最大サイズで撮っています。

「大は小をかねる」

これですね(笑

写真素材を看板屋さんに提供する場合は「サイズ」にご注意を☆
コツ : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする